熱々のお湯での誤った洗顔がニキビ跡を作る

ニキビができると、一刻も早く治したいので色々なことを試みてみますね。
特に洗顔は今あるニキビをケアし、新しくニキビができるのを防ぐために大変重要です。
ですが、早くニキビを治したいがために誤った方法で洗顔してしまう方も多いのですね。
まず、殺菌効果を高めようと、熱々のお湯で洗顔してはいないでしょうか。
残念ながらこれはとても誤った洗顔なのです。
ニキビをキレイに治すには、炎症を悪化させないことが一番大切になります。
このためには保湿が最も重要なポイントになるわけですが、
熱々のお湯で洗顔していると、必要な皮脂や肌を保護している成分が全部流れてしまいます。
そうなると、とても乾燥することになってしまいますね。
乾燥すると内部から皮脂分泌が盛んになり、結果としてアクネ菌の繁殖を促してしまうのです。
こうなると無抵抗な肌にアクネ菌が繁殖し、ますますニキビが悪化します。
そして必然的にニキビ跡へと繋がってしまうのですね。
ですから、洗顔のときは熱いお湯ではなく、ぬるま湯で洗顔するようにしましょう。
洗顔というのはメイクや汚れ、余分な皮脂を落とせればいいのですから、
必要以上にゴシゴシ頑張って洗う必要もありません。
石鹸をよく泡立てて、きめ細かな泡を作り、泡だけで汚れを落とすようにしてみましょう。
ニキビは刺激にも敏感ですから、なるべく刺激を与えないように洗うことが重要です。
悪化させなければニキビ跡になる可能性が低くなりますので、
キレイに治すためにも正しい洗顔を心がけましょう。

ニキビ跡が気になるなら手を洗わない誤った洗顔は避けよう

ニキビ跡が気になるなら手を洗わない誤った洗顔は避けましょう。ニキビの対策として、洗顔は大切です。肌を清潔に保つことも必要ですし、肌の汚れをキチンと落とすことも必要です。手が汚いと、洗顔のための石鹸で手の汚れも落とさなければいけなくなります。それでは、肝心の顔の汚れが十分に落ちません。手の汚れも落とすために洗浄力の強い洗顔料を使わなければいけないのも肌に負担をかけますから避けたいものです。ニキビやニキビ跡が気になるのなら、正しい洗顔をしましょう。顔を洗う前に、手を洗っておくのは大切なことです。清潔にした手で肌を触るようにすれば、肌に余計な刺激も与えません。ニキビ跡の気になる肌は、肌が敏感な状態になっていることも多いですから、必要以上の刺激を与えず、優しくケアしてあげたほうが安心です。正しい洗顔としては、朝・晩の二回だけ行うことや、こすり過ぎないことが大切です。髪の毛が顔にかからないようにヘアバンドなどであげておくことも大切です。洗顔にはぬるま湯を使いましょう。まずはぬるま湯で顔をすすぎます。その後で洗顔料を泡立てて顔にのせます。皮脂の分泌が激しいTゾーンから洗い始めるとよいです。顔全体を洗い残しのないように泡を乗せたら、こんどはすすぎ残しのないように洗い流します。十分にすすいだら、清潔なタオルに水分を移すように優しくふき取ります。肌はこすらないように注意しましょう。誤った洗顔は肌にダメージを与えます。毎日のことですからダメージを与えないようにしましょう。

ニキビ跡を防ぐために~力任せに洗うのは誤った洗顔方法

ニキビやニキビ跡を治すためにと、ゴシゴシと力任せに洗う人がいます。そうすることでニキビの原因の皮脂汚れを防げるからという考えでしょう。しかしそれは誤った洗顔方法です。そうすることによってかえってニキビ跡をひどくする可能性があるので、注意が必要です。
ニキビ跡を防ぐための洗顔方法として、重要なことをいくつか挙げます。
まず、洗顔料をきちんと泡立てて、優しく洗うことです。洗顔料を手や洗顔ネットで、できるだけ細かく泡立てましょう。泡が細かいほど、毛穴の奥の汚れが取れやすくなります。泡立ったら、その泡を肌の上で転がすように洗いましょう。爪を立てたり指の腹でこすらないように注意しましょう。
次に、洗顔料を洗い落とす時に、丁寧に落とすことです。洗顔料の落とし残りがあると、それがさらにニキビの原因となります。特に落とし忘れをしやすいのが、額からもみあげまでの髪の生え際、小鼻まわり、アゴなどです。洗い落とす水も、できればぬるま湯の方が肌に刺激が少なくて優しく洗い流せます。
そして、洗った後は、タオルで優しく水分を取ることです。この時につい、タオルで肌をこすってしまいがちですが、これも肌にダメージを与えることになります。タオルで軽くたたくように、水分を吸収しましょう。もちろん、清潔なタオルを使うことも大事です。
同時に、洗顔ネットを使った場合は、これもきれいに洗って洗顔料を落とし、清潔に保つようにしましょう。
最後に、洗顔料も、できるだけ刺激の少ないものを選びましょう。ツブツブの入ったスクラブ洗顔は、特に大人ニキビには逆効果です。できればニキビケア専用の洗顔料を選ぶとよいでしょう。

ニキビ跡の思わぬ原因となる洗顔しすぎ

ニキビを治し、ニキビ跡の残らない肌を目指すためには、洗顔が非常に大切な役割を果たします。
洗顔することでニキビの原因となっている過剰な皮脂を洗い落とし、肌の皮脂バランスを整え清潔に保つことができます。
また、炎症を起こしている場合は特に、雑菌や膿をきれいに取り除くことで早い改善を促し、ニキビ跡を残さず治すことができます。

しかし、だからといって洗顔の回数を増やせばよいのかというと、そうではありません。
洗顔しすぎは肌へ負担となるどころかかえってニキビを増やし、症状を長引かせ、ニキビ跡を残してしまう原因になってしまうのです。
先程述べたように、洗顔すると余分な皮脂が落ちるため、洗い上がりもサッパリとした気分になります。
そのためべたつきが気になる時などは特に、何回も洗ってしまいがちです。
しかし、ここで洗顔しすぎると、本来肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌が乾燥してしまいます。
乾燥した肌はそのバランスを保つために皮脂を過剰に分泌し、かえって脂っぽいニキビの出来やすい肌になってしまうのです。

また、洗顔しすぎは肌を傷つけてしまいます。
洗顔時、手のひらが肌へ触れる回数が多いほど、皮膚がこすれ目に見えない細かい傷を作り肌荒れの原因となります。
ニキビが出来ている肌はとても弱く、特に炎症が起こっている患部には刺激になり症状を悪化させてしまうのです。

洗顔の回数は季節にもよりますが、およそ1日2回が適切な回数です。
就寝中にかいた汗や皮脂を朝きれいに洗い流し、夜に一日の汚れを落として肌をリセットします。
あぶらとり紙などを活用してこまめに皮脂バランスを整えることも非常に効果的です。