ニキビ跡の思わぬ原因となる洗顔しすぎ

ニキビを治し、ニキビ跡の残らない肌を目指すためには、洗顔が非常に大切な役割を果たします。
洗顔することでニキビの原因となっている過剰な皮脂を洗い落とし、肌の皮脂バランスを整え清潔に保つことができます。
また、炎症を起こしている場合は特に、雑菌や膿をきれいに取り除くことで早い改善を促し、ニキビ跡を残さず治すことができます。

しかし、だからといって洗顔の回数を増やせばよいのかというと、そうではありません。
洗顔しすぎは肌へ負担となるどころかかえってニキビを増やし、症状を長引かせ、ニキビ跡を残してしまう原因になってしまうのです。
先程述べたように、洗顔すると余分な皮脂が落ちるため、洗い上がりもサッパリとした気分になります。
そのためべたつきが気になる時などは特に、何回も洗ってしまいがちです。
しかし、ここで洗顔しすぎると、本来肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌が乾燥してしまいます。
乾燥した肌はそのバランスを保つために皮脂を過剰に分泌し、かえって脂っぽいニキビの出来やすい肌になってしまうのです。

また、洗顔しすぎは肌を傷つけてしまいます。
洗顔時、手のひらが肌へ触れる回数が多いほど、皮膚がこすれ目に見えない細かい傷を作り肌荒れの原因となります。
ニキビが出来ている肌はとても弱く、特に炎症が起こっている患部には刺激になり症状を悪化させてしまうのです。

洗顔の回数は季節にもよりますが、およそ1日2回が適切な回数です。
就寝中にかいた汗や皮脂を朝きれいに洗い流し、夜に一日の汚れを落として肌をリセットします。
あぶらとり紙などを活用してこまめに皮脂バランスを整えることも非常に効果的です。