ニキビ跡の原因のひとつとなる長時間のメイク

ニキビ跡の原因のひとつに、長時間のメイクが挙げられます。
メイクをすることそのものは、紫外線や冷たい風などの外的な刺激から肌を守り、肌の皮脂量と水分量のバランスを保つために役立っています。
しかし、それはいわば皮膚を覆うフタのような状態でもあります。
長時間メイクをし続けている肌は、分泌された皮脂が毛穴の外へ排出されるのを阻害され、行き場所がなくなった皮脂は毛穴に詰まってしまいます。
毛穴の詰まりは毛穴に常在するアクネ菌を活性化させますので、ニキビの出来やすい状態となります。
更に、化粧品が皮脂と混ざって毛穴に詰まってしまうと毛穴の中で酸化してしまって黒くなり、毛穴の黒ずみや黒ニキビを引き起こしてしまうのです。

では、あぶらとり紙などで皮脂をこまめに取り除いていれば問題ないかというと、そうとも言えません。
肌の皮脂量を調節するためには確かに役立つのですが、メイクの上からでは本来の肌の状態がわからず、皮脂を取り除き過ぎてしまいます。
すると皮脂によって守られていた水分もなくなってしまうため肌が乾燥し、それを防ごうと皮脂が多く分泌される、という悪循環に陥ってしまいます。

そのため、長時間のメイクは出来るだけ避けた方がよいのです。
しかし、仕事などで一日中メイクがどうしても必要なことも、とても疲れてメイクオフは翌日に後回しにしたいこともあります。
ですので、大切なことはメイクを洗い残しなくきちんと落とし、肌をリセットすることです。
きちんとしたケアを心掛けることで、長時間負担がかかっていた肌を癒しニキビを予防すると共に、症状の悪化や炎症、それに伴うニキビ跡などが出来る前に治すことが出来ます。