紫外線が原因のニキビ跡をつくらないために

ニキビは最初はポツポツと突起ができます。毛穴に皮脂が詰まっていて、開いていません。肌色をしており、白ニキビとも言います。次にその皮脂が目的で、アクネ菌が集まってきます。アクネ菌が皮脂と作用すると炎症を起こします。炎症は紫外線が原因でも起こります。この状態になるとニキビは赤みを帯びてきます。赤ニキビとも言います。そのままニキビが進行すると、今度はニキビが化膿して膿の色が黄色く見えます。黄ニキビとも言います。その膿が潰れると皮膚の中の組織が損傷し、再生出来ないくらいになり、これがニキビ跡となります。つまり、ニキビ跡を作らないためには、赤ニキビまでの状態で治す事が大切です。白ニキビの状態で、肌に刺激を与えないようにする事が大切で、皮脂が多い分は洗顔で対応出来ますが、洗顔時も刺激は厳禁です。決して手でゴシゴシ洗ったり、殺菌作用の強い刺激が強い洗顔料を使用しないなどありますが、紫外線も思ったより日焼けしますので、注意が必要です。紫外線は晴天時はみな注意しますが、曇りでも安心してはいけません。曇りの日は晴天時よりも日照が強いことがあります。それは太陽の光が雲に乱反射して晴天時より眩しい事があるためです。洗顔後は保湿をすぐして、出かける際はUVカットクリームを忘れずに付けて出かけるのがよいでしょう。ただし、クリームは多く塗っても効き目は高くなりませんし、正常な毛穴を塞いでニキビの原因になっても行けませんので、適量で済ませます。晴れの日以外でもUVケアを心がけましょう。