赤みのあるニキビの種類はニキビ跡の原因になる

ニキビは最初はただのポツポツした突起物が出来るだけですが、ケアが足りないと思春期の場合は皮脂の分泌に追いつかなくなり、ニキビが進行し易いです。大人の場合はストレスによる肌荒れが主な原因で皮脂が多く分泌されてニキビの原因になります。そして、最初の突起物がさらに皮脂を蓄えると毛穴が詰まった状態で膨れてさらに皮膚への刺激や紫外線などの影響で赤みを帯びた赤ニキビとなります。出来るだけこの段階までにケアしてニキビを治すことが理想的です。そうしないでさらに進行してしまうと、ニキビが化膿し(黄ニキビと言います)、膿が溜まって少しの刺激でも潰れてしまいます。そうなると、皮膚の中の組織が損傷し、肌の修復能力では再生不可能となり、それがニキビ跡となります。これまでの内容で、ニキビの種類をおさらいすると、まず白ニキビ(最初のです)、赤ニキビ、黄ニキビ、ニキビ跡となります。ですから、早いケアをするに越したことはありません。ニキビが赤みを帯びるとケアも慎重になる必要があります。この段階で皮膚に刺激を与えると黄ニキビになるからですが、対処と言っても、洗顔が一番です。しかし、刺激は与えられません。ですから、ニキビケア用品で殺菌成分が強いものは避けたほうが良いでしょう。洗顔料は弱酸性のもので十分です。ポイントは回数ではなく洗い方にあり、泡をよく立てて泡で洗うこと、十分石鹸分を洗い流すこと、すぐに保湿液やクリームで肌の保湿をすることです。早めにやさしくケアしてあげましょう。

今すぐお金が欲しい