はたく・擦るといった誤った保湿が引き起こすニキビ跡

ニキビ跡を残さず治すためには、しっかりとした保湿スキンケアを行うことが最も大切です。
十分な保湿をすることで肌の水分量や皮脂量のバランスが整い、肌の状態が安定します。
すると肌のバリア機能が高まり、あらゆる刺激からダメージを受けにくくなると共に、免疫力も増し、ニキビも早く回復します。

しかし、誤った保湿ケアはかえって肌へ負担になってしまいます。
保湿スキンケア化粧品はメーカーによってさまざまな製品があり、それぞれに独自の特徴や使用方法がありますので、それらをしっかりと守って使うことが大切です。
とはいえ、そのどれにも共通する目的は、肌へ潤いを浸透させて補充し、肌の調子を整えることです。
従って、正しいスキンケアのポイントは大きく3つに分けることが出来ます。

一つ目は、肌へ優しくつけることです。
手のひらでケアする場合は、肌を包み込むように優しく馴染ませます。手のひらで温められパックのように働くことで肌をしっとりさせます。

二つ目はムラなく塗ることです。
メーカーによってはコットンの使用を勧めるところもあります。たっぷりと染み込ませたコットンで、塗り残しのないように肌のすみずみまで補います。

三つ目は浸透させることです。
肌を軽くパッティングしながら使うことで血行が良くなり、吸い付くようなしっとりとした手触りの肌に生まれ変わります。
ここで注意したいのが、しっかり染み込ませようと思うあまりしてしまう、強い力ではたく・擦るといった誤った保湿です。肌を傷めて保湿効果も台無しになってしまいます。

正しいスキンケアで化粧品の保湿効果を最大限まで引き出すことで、ニキビ跡を残らず治すことが出来るのです。