化粧品を重ねづけした誤った保湿がニキビ跡の原因になる

ニキビは毛穴を皮脂が塞ぎ、突起物が出来て進行しますと、他の開いた状態の毛穴は皮脂が皮膚に溢れ、脂性のようになります。すると、多くの方は、皮脂を取り除くために頻繁に洗顔したり、さっぱり感を出すためにアルコール系の化粧水を使用します。そして、それで保湿しているつもりが、アルコールによって、肌に必要な水分と皮脂を蒸発させてしまいます。すると、肌が荒れてきます。肌が荒れると体はより多く皮脂を分泌して不足分を補おうとします。そこに、保湿することは良いのですが、ファンデーションやコンシーラーで毛穴を目立たなくするために重ねづけすると、毛穴が詰まり、皮脂が増加しかかっている事もあり、返ってニキビが出来やすくなります。ニキビは進行して悪くなると最後はニキビ跡になりますので、誤った保湿で、誤った化粧品やケア用品を使うとニキビの原因になります。そうならないためには、外的処置としては、洗顔を適切に行い、保湿は、天然成分100パーセントの脂を使用し、化粧下地は毛穴の角質を柔らかくするようなものを使用し、ファンデーションは液体よりパウダーの方が毛穴を塞ぎにくいです。コンシーラーで毛穴を目立たなくするときは、塗布量はすくなめにしましょう。そして、用事が済んだら、すぐに毛穴の化粧も落とし、十分保湿液で肌荒れを防ぎましょう。そして、内的にはストレスは溜めないようにする、ストレスはすぐ発散するなど、ストレス対策することが重要です。