少量ですませる誤った保湿はニキビ跡を悪化させる

ニキビって、皮脂で顔がテカテカしているとできやすいイメージがありますよね。
確かにそれは間違っていません。
にきび菌は、皮脂を餌としているのですから、皮脂量が多いとたくさん繁殖します。
それで、顔が乾燥していた方がニキビが治りやすいのではないかと思っている人も多いですね。
あまり保湿剤を使わない方がいいのではないかと思い、
化粧水やクリームなどの保湿を少量に控えている方が多くいるのではないでしょうか。
思春期にきびを治すときは、ニキビに塗って乾燥させるタイプの薬を使いますから、
そう思ってしまっても無理はありません。
しかし、これは誤った保湿ということになってしまいます。
大人ニキビの場合は乾燥させればさせるほどニキビが悪化し、結果的にニキビ跡ができてしまいます。
ニキビを治すにはとにかくたっぷりと保湿してあげることが大切なのです。
なぜかというと、乾燥すると肌の水分量が不足しますので、
これを補うために内部からの皮脂分泌が増えてしまう結果になるのです。
水分不足の肌はとても弱った状態ですのでにきび菌に対する抵抗力もありませんし、
皮脂が増えるということはにきび菌の餌が増えるということになってしまいます。
ですから、皮脂分泌を増やさないためにも保湿がとても重要なことがわかりますね。
常に乾燥して水分不足の肌は正常な状態ではありませんから、
とにかく保湿に力を入れ、肌を強くすることから始めてみましょう。
肌が正常になると、薬も効きやすくなりますので、ニキビ跡を作らず治す近道になります。