熱々のお湯での誤った洗顔がニキビ跡を作る

ニキビができると、一刻も早く治したいので色々なことを試みてみますね。
特に洗顔は今あるニキビをケアし、新しくニキビができるのを防ぐために大変重要です。
ですが、早くニキビを治したいがために誤った方法で洗顔してしまう方も多いのですね。
まず、殺菌効果を高めようと、熱々のお湯で洗顔してはいないでしょうか。
残念ながらこれはとても誤った洗顔なのです。
ニキビをキレイに治すには、炎症を悪化させないことが一番大切になります。
このためには保湿が最も重要なポイントになるわけですが、
熱々のお湯で洗顔していると、必要な皮脂や肌を保護している成分が全部流れてしまいます。
そうなると、とても乾燥することになってしまいますね。
乾燥すると内部から皮脂分泌が盛んになり、結果としてアクネ菌の繁殖を促してしまうのです。
こうなると無抵抗な肌にアクネ菌が繁殖し、ますますニキビが悪化します。
そして必然的にニキビ跡へと繋がってしまうのですね。
ですから、洗顔のときは熱いお湯ではなく、ぬるま湯で洗顔するようにしましょう。
洗顔というのはメイクや汚れ、余分な皮脂を落とせればいいのですから、
必要以上にゴシゴシ頑張って洗う必要もありません。
石鹸をよく泡立てて、きめ細かな泡を作り、泡だけで汚れを落とすようにしてみましょう。
ニキビは刺激にも敏感ですから、なるべく刺激を与えないように洗うことが重要です。
悪化させなければニキビ跡になる可能性が低くなりますので、
キレイに治すためにも正しい洗顔を心がけましょう。