ニキビ跡が気になるなら手を洗わない誤った洗顔は避けよう

ニキビ跡が気になるなら手を洗わない誤った洗顔は避けましょう。ニキビの対策として、洗顔は大切です。肌を清潔に保つことも必要ですし、肌の汚れをキチンと落とすことも必要です。手が汚いと、洗顔のための石鹸で手の汚れも落とさなければいけなくなります。それでは、肝心の顔の汚れが十分に落ちません。手の汚れも落とすために洗浄力の強い洗顔料を使わなければいけないのも肌に負担をかけますから避けたいものです。ニキビやニキビ跡が気になるのなら、正しい洗顔をしましょう。顔を洗う前に、手を洗っておくのは大切なことです。清潔にした手で肌を触るようにすれば、肌に余計な刺激も与えません。ニキビ跡の気になる肌は、肌が敏感な状態になっていることも多いですから、必要以上の刺激を与えず、優しくケアしてあげたほうが安心です。正しい洗顔としては、朝・晩の二回だけ行うことや、こすり過ぎないことが大切です。髪の毛が顔にかからないようにヘアバンドなどであげておくことも大切です。洗顔にはぬるま湯を使いましょう。まずはぬるま湯で顔をすすぎます。その後で洗顔料を泡立てて顔にのせます。皮脂の分泌が激しいTゾーンから洗い始めるとよいです。顔全体を洗い残しのないように泡を乗せたら、こんどはすすぎ残しのないように洗い流します。十分にすすいだら、清潔なタオルに水分を移すように優しくふき取ります。肌はこすらないように注意しましょう。誤った洗顔は肌にダメージを与えます。毎日のことですからダメージを与えないようにしましょう。