ニキビ跡を防ぐために~力任せに洗うのは誤った洗顔方法

ニキビやニキビ跡を治すためにと、ゴシゴシと力任せに洗う人がいます。そうすることでニキビの原因の皮脂汚れを防げるからという考えでしょう。しかしそれは誤った洗顔方法です。そうすることによってかえってニキビ跡をひどくする可能性があるので、注意が必要です。
ニキビ跡を防ぐための洗顔方法として、重要なことをいくつか挙げます。
まず、洗顔料をきちんと泡立てて、優しく洗うことです。洗顔料を手や洗顔ネットで、できるだけ細かく泡立てましょう。泡が細かいほど、毛穴の奥の汚れが取れやすくなります。泡立ったら、その泡を肌の上で転がすように洗いましょう。爪を立てたり指の腹でこすらないように注意しましょう。
次に、洗顔料を洗い落とす時に、丁寧に落とすことです。洗顔料の落とし残りがあると、それがさらにニキビの原因となります。特に落とし忘れをしやすいのが、額からもみあげまでの髪の生え際、小鼻まわり、アゴなどです。洗い落とす水も、できればぬるま湯の方が肌に刺激が少なくて優しく洗い流せます。
そして、洗った後は、タオルで優しく水分を取ることです。この時につい、タオルで肌をこすってしまいがちですが、これも肌にダメージを与えることになります。タオルで軽くたたくように、水分を吸収しましょう。もちろん、清潔なタオルを使うことも大事です。
同時に、洗顔ネットを使った場合は、これもきれいに洗って洗顔料を落とし、清潔に保つようにしましょう。
最後に、洗顔料も、できるだけ刺激の少ないものを選びましょう。ツブツブの入ったスクラブ洗顔は、特に大人ニキビには逆効果です。できればニキビケア専用の洗顔料を選ぶとよいでしょう。